理念

やりがい・生きがい・経済的自立

私たちは、生態系に負担をかけずに、すべての生物と調和のとれた「農業」を主体として活動しています。

仕事を通じて色々な経験を積むことで、「社会の中で役に立っている」と感じるやりがいと、
「仕事をしてよかった」という生きがいとを感じながら、自信の成長につながる大切な人生の時間を過ごしてほしいと、強く願っています。

そしてなにより、日々の暮らしを安定させ将来も安心できる経済的自立のために、一人ひとりの個性を大切にした支援を行っています。

オーガニックパパビジョン

私たちは「農福連携で食育を担う」をコンセプトに、人の身体を健康にする有機農産物の生産や無添加食品の製造、料飲サービスを、ソーシャルファームを通じて提供しております。ヒトが生きていくために最も大切な食べ物を、地面から生み育てる仕事ですから社会的価値は言うまでもありません。

オーガニックを日本中に広める仕事は、多くの方々に喜びを与え、心から充実感に満ち溢れながらちゃんと稼げる、いま最も求められているソーシャルビジネスなのです。

そんな掛け替えのない仕事が、みなさんの得意を伸ばしながら、しっかりとした農業技術を獲得し、生涯続けられるライフワークになることを願いサポートしていきます。

就労継続支援B型事業所

法人名 一般社団法人 オーガニックパパユニティ
代表理事 八尋 健次
施設長 大庭 貴子
設立 平成27年(2005年)3月
所在地 福岡県筑紫野市永岡182-2
従業員数 常勤  15名
非常勤 10名

 

就労継続支援A型事業所

法人名 オーガニックパパ株式会社
責任者 中野 聖美
開設 令和3年(2021年)9月
所在地 福岡県宗像市日の里5丁目3-9-305 ひのさと48

オーガニックパパのこれまでの歩み

2015年3月

一般社団法人オーガニックパパユニティ(筑紫野市) 設立

2015年4月

オーガニックパパユニティ(就労継続支援B型) 開設

2016年4月

厚生労働省・福岡県委託 地域若者サポートステーション事業(筑豊地区・北九州地区) 開設

2019年5月

オーガニックパパ株式会社 筑前町認定農業者 受理

2019年10月

私立リンデンホールスクール小学部へ オーガニック給食用農産物 供給スタート

2020年11月

週末マルシェ食堂 オーガニックパパ キッチン(筑紫野市)オープン

2021年3月

宗像市に農地を拡大

2021年9月

障がい者就労継続支援A型事業所 オーガニックパパ(宗像市) 開設
有機JAS認証(有機農産物・有機加工食品)取得

2021年10月

有機JAS認証(有機料理レストラン)取得

TOP
TOP